メニュー

自動車保険の個人賠償責任補償特約の必要性と保険料比較

自動車事故以外の事故も補償してくれる特約です

・子どもが自転車で事故を起こした
・日常生活で他人をケガさせてしまった
・他人の財産に損害を与えてしまった…etc.

自転車事故・洗濯機の階下部屋への水漏れ・ガラスを割ってしまったイラスト

クルマ以外の事故を起こしてしまったとき、他人に対して補償してくれるのが「個人賠償責任補償特約」です。

このページでは、自動車保険の個人賠償責任補償特約とはどんなものなのか、特約の必要性と付帯した場合の保険料を比較します。

目次

個人賠償責任補償ってどんな特約?

日常生活で相手に損害を与えた時に備えた保険です

個人賠償責任保険とは、自動車事故以外で契約者やその家族が他人をケガさせたり、他人の財物に損害を与えた場合に支払われる保険です。
(自動車には原付・自動二輪車が含まれます)

日常生活で子どもが自転車で相手を怪我させてしまった、人の家のガラスを壊した、等々…そんな時に備えるものになります。

この特約は、自動車保険以外にも火災保険や傷害保険でも付帯できます。

補償の対象者

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者・配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者・配偶者の別居の未婚の子

どんなときに保険がおりるの?

例えばこんな時に補償してくれます↓↓※自動車以外の事故です

  • 家族が自転車に乗っていて他人にぶつかってケガをさせてしまった
  • 散歩中に飼い犬が人を噛んでケガをさせた
  • 自転車が他人の自動車にぶつかって傷をつけてしまった
  • 子供が他人の家の窓ガラスを割ってしまった
  • マンションで洗濯機から水が溢れ、下の階の戸室に被害を与えてしまった。
  • お店で陳列してある商品を壊してしまった。
  • デパートで子供と買い物中に、子供がソフトクリームを商品の着物につけてしまった。
  • ゴルフプレー中に自分が打ったボールが他人にあたり、ケガをさせてしまった。

相手を怪我させてしまったときの治療費や持ち物の損害、相手が死亡したときの賠償金が支払われます

個人賠償責任補償特約は、保険金額は各社で違い、無制限・1億円・5,000万円・3,000万円から選べるものが一般的。家族全員の事故が対象となります。

自分が怪我をしたときの保険は加入している人が多いですが、相手に損害を与えたときの保険は備えが無い人が多いです。

我が家もそうで、自動車事故以外で相手に損害を与えたときのための保険はなにも加入していませんでした。

どのくらいで特約がつけられるのかな?と疑問が浮かんだので、保険料を調べてみることにしました。

保険料の比較

自動車保険各社で、個人賠償責任補償特約の保険料を調査してみました

おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)、あいおいニッセイ同和損保、損保ジャパンの3社で、個人賠償責任補償特約の年間保険料を調べました。

おとなの自動車保険年間 1,620円
あいおいニッセイ同和損保年間 1,560円
損保ジャパン日本興亜年間 2,100円

全体的に保険料はかなり安く、月数百円でこの特約がつけられることが分かりました。

コスパの高い保険として知られる個人賠償責任補償特約ですが、保険会社に確認したところ「特約」なので加入の意識が低く、保険金がおりることを忘れている人もかなり多いそうです。

クルマに乗っている時以外の補償として十分使える特約なので、子どもが活発な男の子だとか、自転車で遠くの高校に通っているお子さんがいるといった場合は付帯しておくと安心できますね(*^^*)

自動車保険以外にもこの特約は付帯されていることがあるので、他の保険との重複に注意が必要です。

個人賠償責任特約を使ったら等級は下がるのか

等級が下がらない「ノーカウント事故」なので等級はそのまま

個人賠償責任特約の事故は「ノーカウント事故」にあたるので、保険を使っても翌年の等級は下がりません

個人賠償責任特約を使った事故の他に事故がない場合は、契約を継続する際に通常通り等級が1上がります。

まとめ

月数百円で入れるコスパの良い特約。自転車通学をしていたり活発な男の子がいる場合は付帯をすると◎

  • 個人賠償責任補償特約は、自分や家族が日常生活で相手に損害を与えた時に備えた保険
  • 年間1,500~2,000円程度で付帯が可能。掛け捨てではあるけど、コスパはかなり良い
  • ノーカウント事故なので保険をつかっても翌年の等級は下がらない

自分にとって【1番安い】自動車保険を簡単に調べられる方法

自動車保険の一括見積りで保険料が54,500円→29,080円に!
25,420円安くなりました

複数の自動車保険会社の保険料を比較できる、「保険スクエアbang!」は、
大手損保複数社の見積りがリアルタイムで表示されるので、自分にとって1番安い自動車保険会社がすぐにわかります。



利用者数310万人以上と安心の実績があり、見積りは満期日の119日前(約4カ月前)から可能!

もちろん見積りは無料です。我が家もここで自動車保険料が25,420円も安くなり、家計が節約できました!
無料一括見積りはここからできます。

基礎知識

保障と特約について考える

自動車保険会社選び

名義変更

自動車保険会社の
口コミ・評判比較

コラム

Q&A

創り手