メニュー

自動車保険18社のロードサービスを比較してみる

自動車保険会社18社のロードサービスを比較。使うと等級は下がるか、回数制限はあるかについても解説!

タイヤのパンク、キー閉じ込み、車の故障…etc.突然のトラブルに遭遇した時に役立つロードサービス。自動車保険に加入していれば、事故の補償以外にロードサービスが自動付帯されます。

ただ、そのサービス内容はどこも同じというわけではなく、保険会社により違いがあります

このページでは、自動車保険18社のロードサービスを徹底比較しました。

目次

ロードサービスとは

ロードサービスとは、運転中に起きた事故やトラブルに対応し、24時間・365日、全国どこでもすぐに現場に駆けつけてくれるサービスです

例えば、バッテリー上がり/ガス欠/タイヤのパンク/車内にキーを閉じ込めた/高速道路での故障/雪道のトラブル/レッカー移動…など、運転中の突然のトラブルに対してサービスを受けられます。

ロードサービス一覧表

ロードサービスの主なサービスを一覧にまとめました。

応急作業
  • バッテリー上がり時のジャンピング
  • ガス欠時のガソリン補給
  • キー閉じ込み時のドアの解錠
  • パンク時のスペアタイヤ交換
  • 脱輪、落輪時の引き上げ
  • 冷却水の補充
  • 電気自動車の場合、最寄りの充電スタンドまで搬送
  • 上記以外の30分以内で完了する応急作業
レッカーけん引事故、故障、トラブルにより自力で走行できなくなった場合のけん引
→各社が指定する工場まで(無制限がほとんど)
→お客様の希望先まで(各社搬送距離制限あり)
移動・宿泊費用事故、故障などにより自力走行できなくなった場合の、目的地までの移動費用、宿泊費用、レンタカー費用を支払って貰えるサービス
情報サービス故障、トラブルに対して整備有資格者が電話でアドバイスをしてくれたり、スマホアプリから情報が受けられるサポート

雪道のスタックでも使える?

スタックとは、雪やぬかるみにはまりタイヤが空転し動かなくなってしまうトラブルのこと。積雪の多い場所では、路面の凍結でスリップしたり、積雪でスタックすることがあります。

このスタック、故障ではないので、ロードサービスの対象外としているところが殆どです。

「有料ならOK」という会社もありますし、中には無料ロードサービスの対象としているところもありますが、下記のような条件があります。

  • 自身で除雪作業を行なっても抜け出せない
  • タイヤに雪用チェーンを装着しているのに動けない
  • トラブル現場は自宅や契約している駐車場でない

条件に該当すれば、レッカーでの引き上げ作業を無料で行ってくれます(保険会社によって細かな違いがあります)。  

パンクやレッカーは自動車保険付帯のロードサービスに無料で依頼できる

自動車保険のロードサービスでは、スペアタイヤの交換は基本的にどこでも行ってくれます

スペアタイヤを搭載していない場合は応急処置でパンク修理の対応をしてもらえますが、直らないときは修理工場へ搬送となります。

レッカーでのけん引は有料で、無料サポートの対象外です。

ロードサービスを使うと等級は下がるか

ロードサービスを利用しても等級には影響ナシ。保険料も上がりません

事故を起こして保険を使うと、等級が下がり翌年の自動車保険料が高くなります。

では、ロードサービスを使うとどうなのか?というところですが、ロードサービスの場合は利用しても等級が下がったり保険料が高くなることはありません

ロードサービスは「故障」など車の突然のトラブルに対応しているもの。等級はその人が事故を起こすリスクを表しているので、故障・トラブルとは分けて考えられます。

1年のうち何回ロードサービスを利用しても、等級には影響ありません。

回数制限はある?

ロードサービスは使用回数に制限がありません。何回でも利用できます。

利用回数に制限はありませんが、

ガス欠時のガソリン補給サービスは1年に1回まで、バッテリー上がりでケービルをつないで貰うサービスが年に1回限り、レッカーサポートは無料で搬送できる距離や移動費用の限度額が決まっていたり…と各社で条件があります。

ロードサービスは不要?

ロードサービスは使用回数に制限がありません。何回でも利用できます。

自動車保険には無料でロードサービスが付帯されていますが、プラス「JAF」という有料のロードサービスに加入するべきなのか悩まれる方もいるかと思います。

下記は自動車保険の無料付帯ロードサービスと、JAFのロードサービス内容の比較表です。

JAF会員ソニー損保東京海上日動
入会金2,000円無料無料
年会費4,000円無料無料
サービス拠点約1,700箇所約9,000箇所不明
ガソリン切れ回数制限なし(無料)。ガソリン代は実費保険期間中1回(無料)。ガソリン代は実費。契約2年目以降は10Lまで無料10Lまで1回限り(ガソリン代は実費)
バッテリー交換回数制限なし(無料)保険期間中1回保険期間中1回
レッカー
(指定工場まで)
15kmまで無料(15km超過1km毎に720円)50kmまで無料(2017年7月以降150km)無制限(無料)
レッカー
(希望工場まで)
15kmまで無料(15km超過1km毎に720円)50kmまで無料(2017年7月以降150km)15万円限度(約180km相当)

JAF会員になれば、入会金、年会費は要りますが、ガス欠時の給油やバッテリー交換は、何回でも無料です。

それに対して自動車保険のロードサービスの方は保険中1回限りと制限が付いていますが、レッカー移動に関しては、JAFより制限がゆるくなっています。

もう10年以上車に乗っていますが、ガス欠は1度もなくバッテリー交換も2回しかありません。そんなに頻繁に起こるものでもないので、自動車保険のロードサービスで十分かな、と私は考えています。

自動車保険18社のロードサービス比較

ロードサービスは使用回数に制限がありません。何回でも利用できます。

自動車保険18社のロードサービスを比較しました。

比較その①

  • レッカーけん引(契約者指定の修理工場まで無料で搬送できる距離)
  • レッカーけん引(損保会社指定の修理工場まで搬送無制限)
  • バッテリー上がり時のジャンピン(注1)、バッテリー点検と回数
  • パンク時のスペアタイヤ交換
  • キー閉じ込み時のドアの解錠
  • ガス欠時のガソリン補給10Lまで
  • 冷却水の補充
  • 保険期間中のガソリン補給の回数

(注1)ケーブルをつないでエンジンをスタートさせること。バッテリーの充電や交換は無料サービスの対象外となります。

レッカー
可能距離
(希望工場)
レッカー
無制限
(指定工場)
バッテリー
ジャンピン
点検/回数
パンク
スペア
タイヤ
交換
キー
閉じ込み
ドア解錠
ガス欠
ガソリン
補給
10Lまで
冷却水補充ガソリン
補給回数
イーデザイン60km○(d)1
ソニー損保50km×1○(e)1
チューリッヒ100km11
あいおいニッセイ500km×1(a)―(f)1(a)
アクサダイレクト35km11
日新火災100km×2○(b)○(e)(f)2(b)
朝日火災60km×11(c)
AIU保険100km○(g)―(f)1
SBI損保50km21
共栄火災200km○(e)1
セコム損保100km×1
セゾン火災300km×○(k)○(k)○(k)○(k)○(e)1
損保ジャパン180km1(c)
そんぽ24100km○(i)○(e)1
東京海上日動180km1(c)
富士火災11
三井住友海上500km×1―(f)1(c)
三井ダイレクト50km1○(o)―(f)有料
JAF15km×1無制限

(a)ノンフリート多数割引適用契約は回数の制限なし
(b)高速/有料道路上でのガス欠給油サービスに限る。利用者都合のキャンセルも利用回数に含む
(c)自宅駐車場および同等と判断できる場所での燃料切れはサービスの対象外。
(d)クレーン作業などの特殊作業費用や重作業費用、48時間を超える車両保管料金は利用者の負担
(e)冷却水代は利用者負担
(f)現場で30分以内に完了する(バッテリー上がり時のジャンピング、ガソリン補給、キー閉じ込みの解錠、スペアタイヤ交換)以外の応急修理、軽作業もサービスの対象。
(g)トランクの開錠や鍵の作成は有料。
(i)スペアタイヤを装備していない場合、パンクしたタイヤが装備しているスペアタイヤの本数を上回る場合等は無料サービスの対象外。
(k)応急処置・運搬費用 (1回の事故、故障、トラブルに合算で15万円まで対応)
(o)1年目はがガソリン代有料、2年目以降10Lまで無料

比較その②

  • 脱輪・落輪の引き上げ
  • 雪道、泥道のスタックのレッカーけん引
  • 雪道におけるタイヤチェーン着脱
  • オイル代、部品代
  • 情報提供サービス(注2)
  • GPS位置情報サービス

(注2) 帰宅手段案内、修理入庫先案内、24時間営業ガソリンスタンド案内、緊急宿泊先案内、レンタカー案内

脱輪
落輪
引き上げ
スタック
レッカー
けん引
雪道
タイヤ
チェーン
着脱
オイル代
部品代
情報
提供
サービス
(注2)
GPS
位置情報
サービス
イーデザイン○(l)×××
ソニー損保×××
チューリッヒ×××
あいおいニッセイ×××
アクサダイレクト××
朝日火災×××
AIU保険×××
SBI損保××
共栄火災×××
セコム損保○(l)×××
セゾン火災○(j)(k)×××
日新火災×××
損保ジャパン×××
そんぽ24×××
東京海上日動×××
富士火災×××
三井住友海上×××
三井ダイレクト○(h)××
JAF

(h) 2万円(税込)までの落輪引き上げ
(j)落差1m超、タイヤ2つ以上、クレーン作業等の特殊作業も対応
(k)応急処置・運搬費用 (1回の事故、故障、トラブルに合算で15万円まで対応)
(l)落輪時の引き上げ作業で、クレーンによる吊り上げなどの特殊作業を必要とするものは無料サービスの対象外。

比較その③宿泊・帰宅費用とペットケア

  • (注3)がロードサービス(無料)に含まれるところ
  • 臨時宿泊費用の限度額
  • 修理後の車両搬送・引取り費用限度額
  • レンタカー(代車)サポート
  • (注4)の旅行キャンセル費用サポート
  • ペットホテル・交通費サービス

(注3) 臨時宿泊費用、現場からの帰宅費用、お車の修理完了後、ご自宅、またはご自宅の最寄の損保会社が指定する場所までの搬送費用、修理完了後のお車を引き取るために要した交通費

(注4) 目的地に向かう途中でのお車の事故や故障により生じたキャンセル費用やホテルなどの宿泊施設をはじめ、航空機などの旅客輸送サービス、旅行予約などのキャンセル費用

(注3)が
無料
臨時宿泊
費用
限度額
自宅から
目的地
費用
限度額
修理後
車両搬送
引き取り
限度額
レンタカー
代車
サポート
旅行
キャンセル
費用
ペット
ホテル
交通費
イーデザイン×
ソニー損保1泊分限度額なし24時間まで
チューリッヒ搭乗者全員分1泊まで全額限度額なし24時間まで1回につき総額5万円1泊分+ホテルまでの交通費(w)
あいおいニッセイ△1名につき1万5千円△1名につき2万円△15万円
アクサダイレクト搭乗者全員分1泊まで全額搭乗者全員分24時間まで1泊分まで
朝日火災1名につき1万円(r)1名につき2万円(r)1名につき1万円まで
AIU保険△1名につき1万円△1名につき2万円
SBI損保1名1泊/1万5千円1名につき2万円10万円3万円/1台
共栄火災1名につき1万円1名につき2万円まで2万円/1台(s)
セコム損保△1名につき1万円△1名につき2万円まで△5万円
セゾン火災1名につき1万円1名につき2万円まで2万円/1台(s)
日新火災△1名につき1万円△1名につき2万円まで△10万円
損保ジャパン×××
そんぽ24搭乗者全員分1泊まで全額搭乗者全員分(u)自宅まで無料配送(t)24時間まで同乗者分を含め総額5万円(税込み)1泊分+ホテルまでの公共交通機関による交通費
東京海上日動△1名につき1万円△1回の事故で5万円限度、タクシーは1台1万円限度△10万円
富士火災△1名につき1万円△1名につき2万円まで△30万円
三井住友海上1名につき1万円1名につき2万円まで(自己負担額千円)15万円1日につき7千円(v)
三井ダイレクト△1名につき1泊1万円まで△1名につき2万円△10万円
JAF

△・・・任意でセットできる特約。別に定める保険料を払い込む必要がある
(r) ASAP限定のサービス
(s) タクシー・レンタカーを利用する場合は1台につき2万円限度。複数名で乗車した場合は1名分の帰宅費用を人数割りで算出。
(t) 配送会社および期日の指定は不可。直接修理工場まで車両を引き取りに行く場合は引き取り当日1名分の片道交通費に限り公共交通機関による交通費が10,000円(消費税込)まで支払われる
(u) タクシーを利用する場合、同乗者分を含め総額10,000円(消費税込)まで支払われる。
(v) レンタカーを借りる場合に、衝突・接触等の事故の場合は最大30日間、故障等の場合は最大15日間、それぞれ1日あたり7,000円が限度。
(w) ペットを同伴せず、自宅付近のペットホテルやペットシッターに預けていて、延長料金が発生した場合10,000円まで支払われる。

最もロードサービスが充実している自動車保険会社

18社のロードサービスを比較したうえで、ロードサービスが充実している自動車保険会社をまとめました。

基本的に自動車保険に無料付帯されているロードサービスですが、「ここまでは無料だけど、ここからは有料」という基準が会社によって異なります。

そこで今回はロードサービスが無料で使える範囲がどれだけ広いかという点に着目して選びました。

そんぽ24がNo.1!ダイレクト損保は意外とロードサービスに強い

1位そんぽ24
2位チューリッヒ
3位SBI損保 or アクサダイレクト

自動車保険18社+JAFのロードサービスを比較した中で、最も無料サービスが充実していたのは、そんぽ24でした。

バッテリー上がりの対応・スペアタイヤ交換などの基本的な応急作業は、どの損保会社も無料サービスの対象範囲内なので比較しても殆ど差がありません。

そんな中、そんぽ24は事故やトラブルで自力走行不能となった時の臨時宿泊費や帰宅費用、さらに24時間借りられるレンタカー代、旅行キャンセル費用、ペットホテル代まで広範囲に渡ってロードサービス無料の範囲内でサポートがあります

加えて契約者指定の修理工場まで無料で搬送できる距離が100kmまでと、他社と比較すると距離が長く設定されています。また、損保会社指定の修理工場までの搬送なら無制限となっています。

次にチューリッヒ、SBI損保 、アクサダイレクトが無料サービス対応の範囲が広かったです。

JAFと他の保険会社を比較した場合を一応書いておくと、雪道や泥道のスタック・雪道のタイヤチェーン着脱も対応可能/ガス欠時のガソリン補給にも回数制限がない、ということが大きな違いでしたが、JAFは臨時の宿泊費や帰宅費用のサポートがありません。入会金や年会費の負担もあります。

運転中は急なトラブルに遭遇することがあります。どこの自動車保険会社に加入しようか迷ったときは、このようにロードサービスが充実した保険会社から選択する、というのもひとつの手です(*^^*)

自分にとって【1番安い】自動車保険を簡単に調べられる方法

自動車保険の一括見積りで保険料が54,500円→29,080円に!
25,420円安くなりました

複数の自動車保険会社の保険料を比較できる、「保険スクエアbang!」は、
大手損保複数社の見積りがリアルタイムで表示されるので、自分にとって1番安い自動車保険会社がすぐにわかります。



利用者数310万人以上と安心の実績があり、見積りは満期日の119日前(約4カ月前)から可能!

もちろん見積りは無料です。我が家もここで自動車保険料が25,420円も安くなり、家計が節約できました!
無料一括見積りはここからできます。

基礎知識

保障と特約について考える

自動車保険会社選び

名義変更

自動車保険会社の
口コミ・評判比較

コラム

Q&A

創り手