メニュー

【親から子への名義変更】必要書類と手続き方法

親から子どもへ自動車保険名義を変更する場合の手続きをまとめました

通常、人に車を譲渡した場合は自動車保険には新規加入が必要です。

ただ、車を譲る関係が親子の場合は一定の条件を満たせば自動車保険の契約(等級)をそのまま引き継ぐことができ、保険料を抑えることができます。

・子どもへ車と保険を譲りたい
・自動車保険だけ子どもに譲渡したい

こんな場合に必要となる自動車保険の名義変更。その条件や必要書類、手続き方法をまとめました。

目次

親子の自動車保険名義変更の条件

自動車に関する名義には、

  • 保険契約者の名義 ・・・ 自動車保険の申し込みや保険料の支払をする人、契約を管理する人
  • 記名被保険者の名義 ・・・ 契約の車を主に運転する人。補償の中心人物
  • 車両所有者 ・・・ 車を所有している人、車検証に記載されている所有者のこと

の3つがあります。上記3つの名義は全て同じ、という人がほとんどですが、たまに契約者と車両所有者が夫、記名被保険者は妻や子どもというパターンがあります。

(契約者と車両所有者は法人で、記名被保険者は社長や役員の個人名というパターンもあり)

親から子どもに自動車保険を変更したいと考えたときは、まず名義が誰になっているか確認し、どこの名義を子どもに変えるのかを決めておきましょう。

車も保険も譲り、保険の支払いも全て子ども、という場合は上記全ての名義を親→子へ変更します。

保険契約者の名義変更→自動車保険会社へ連絡
記名被保険者の名義変更→自動車保険会社へ連絡
車両所有者の名義変更運輸支局(陸運局)で手続き

自動車保険を譲渡できる(等級を継承できる)条件

別居している場合は親子であっても保険の譲渡ができません。同居しているうちに変更を!

車の所有者(車検証に記載されている所有者)の名義は誰にでも譲渡が可能ですが、自動車保険の名義を変更できる(等級が継承できる)のは、同居の親族のみ。別居している場合は親子でも名義変更をすることはできません。

※夫婦の場合は別居でも等級を引き継ぐことができます。詳しくはこちら→等級の引継ぎと継承

自動車保険の名義を子どもへ変更しそれまでの等級を引継がせたいのであれば、子どもが家を出て行く前に手続きを済ませておかなければならない、ということになります。

車両所有者の名義変更は贈与税に注意

自動車保険だけでなく、車ごと子どもへ譲渡する場合に注意したいのが贈与税という税金です。

贈与税は家族に財産をもらった人が払わなければいけない税金で、年間110万円を超える贈与が対象となります。

控除が60万円あるので、車の価値-60万円の金額が110万円を超えるようであれば課税対象です。
※ただし譲渡された車の金額は自己申告となっています

親から子への自動車保険名義変更に必要なもの

契約者本人が保険会社へ連絡して、変更手続きを行います

用意する書類は下記の通りです。

  • 運転免許証や住民票など変更内容が確認できる書類
  • 名義変更後の契約者のクレジットカード又は、引き落とし口座の変更書類(契約者の保険料が分割払いの場合)
  • 保険証券(継続証)(記名被保険者を変更する場合)
  • 車検証(所有者を変更する場合)

必ず契約者本人が電話連絡をすることになっています(本人確認があります)

契約者・記名被保険者の名義変更をしたい旨を伝え、後日郵送される書類に記入&捺印して返送することで手続きが完了します。

【ケース別】手続きの流れ

親から子どもへの自動車保険名義変更を、パターン別に解説しました

  • 車も保険も子供へ譲渡するとき
  • 保険だけ譲渡するとき(親の車は廃車)
  • 保険だけ譲渡するとき(親は保険に新規加入)

上記3つのパターンの名義変更手続きの流れをまとめました。

車も保険も子供へ譲渡する

親から子へ車と保険の両方をあげる場合には、まず車の所有者を子供に変えます。その後保険会社へ連絡して、自動車保険の契約者と記名被保険者を子供に変更します。

親から子供へ車と保険をあげる場合の解説図

子どもは新たに車を購入することも、保険に新規加入することもなく親から引継ぎができます。自動車保険は親の高い等級がそのまま引き継げるので、新規加入(6等級スタート)するよりも安い保険料に抑えられます。

保険だけ子供へ譲渡する

自動車保険のみ子供へあげる場合は、親がその後自分の車をどうするかにより流れが異なります

ここでは親の車は廃車にする/新たに保険に新規加入する、の2パターンに分けてまとめています。

◎親の車は廃車にする

親はもう車が必要ないので廃車しようと思っているときに、子供が既に車を所有していて自動車保険にも加入している場合の譲渡の流れです。

親の等級が子供より高いときは、子供が今の保険を解約し親の保険(等級)を引き継いだほうが保険料が抑えられます

親から子供へ保険だけあげる場合(親の車を廃車にするとき)の解説図

◎親は保険に新規加入する

親がまだ車に乗り続ける場合も、子どもが車を所有しているときは高い等級は子供にあげて、自分は新規加入したほうが家庭トータルで見た時の自動車保険料を抑えられます。

親から子供へ保険だけあげる場合(親が保険に新規加入するとき)の解説図

自分にとって【1番安い】自動車保険を簡単に調べられる方法

自動車保険の一括見積りで保険料が54,500円→29,080円に!
25,420円安くなりました

複数の自動車保険会社の保険料を比較できる、「保険スクエアbang!」は、
大手損保複数社の見積りがリアルタイムで表示されるので、自分にとって1番安い自動車保険会社がすぐにわかります。



利用者数310万人以上と安心の実績があり、見積りは満期日の119日前(約4カ月前)から可能!

もちろん見積りは無料です。我が家もここで自動車保険料が25,420円も安くなり、家計が節約できました!
無料一括見積りはここからできます。

基礎知識

保障と特約について考える

自動車保険会社選び

名義変更

自動車保険会社の
口コミ・評判比較

コラム

Q&A

創り手